第10回 アイルランドの風コンサート

日本中に留まらず、世界中を駆け巡り、演奏されている
アイルランド音楽の演奏家 
守安功・雅子夫妻
ライブonly・参加者一体型の演奏会です。

 

【開催日】
2023年 1月9日(祝)
一部 12:00開場 12:30開演
二部 14:00開場 14:30開演

 

 【第10回記念スペシャル版】
アイリッシュ・フルート、リコーダー、ホイッスル、
アイリッシュ・ハーブ、コンサーティーナ、
バゥロン(打楽器)などの響きと、参加者の思いが融合した
美しいハーモニーをお楽しみください。
*お子様連れでもお気兼ねなく楽しんでいただける、
ファミリーの部を設けました

 

 【同時開催】
多佳子のプチアトリエ
水彩画と草木のコラボレーション

 

【一部】12:30~14:00
テーマ  ファミリー
ご家族でもお楽しみ頂けるひと時
みんなが家族の様になれるひと時
【二部】14:30~16:30
テーマ  天と交わる
時空を超えるひと時
今は遠く離れている、
大事なご家族ご友人・ペットたちを胸に抱いて
【交流会】17:00~18:30

 

【参加費】
お飲み物・スイーツ付き
【一部】    3,500
【二部】    4,500
※一部二部通し 6,500円
【交流会】   1,500
※小学生以下のお子さん無料
お申し込みはこちらからお願いします。
https://studiograppolo.com/rese/

 

 

守安 功(も りやす いさお)
アイリッシュ・フルート、リ コーダー、
ホイッスル(アイルランドのたて笛)
桐朋学園大学音楽学部古楽器科卒、
同研究科修了。
在学中、第10回全日本リコーダーコンクール独奏部門において、
最優秀賞及び朝日放送賞を受賞。
また、江戸里神楽四代目家元若山胤雄に日本の笛と太鼓を師事し、
国指定重要無形文化財江戸里神楽若山社中囃子方として活躍する。
1987年渡欧し、スウェーデン国立ヨーテボリ音楽大学、
旧東独ライプツィヒ・ゲヴァントハウス等、
各地で日本の伝統音楽及び現代音楽についてのレクチャーや、
リコーダー・リサイタルを行う。
国立音楽大学、桐朋芸術短期大学講師を経て、
今では、アイルランドと英国の伝統音楽の演奏、
研究と、独自の視点からの、日本各地での、バロック音楽と伝統音楽の
双方の分野についてのワークショップ、
レクチャー、演奏活動に専念している。 アイルランドの音楽、
ダンス、文化、歴史についての著訳書8冊。

 

■■■ 守安 雅子(もりやす まさこ)
アイリッシュ・ハープ、コン サーティーナ(六角形の小型ア コーディオン)
バゥロン(アイルランドの太 鼓)
アイルランドで出会った音楽家 たちの演奏に魅了され、
アイル ランドの伝統音楽の演奏を始める。
ノエル・ヒル、メアリー・マクナマラ、ミホール・オラハリー 始め、
現地の第一線の演奏家と、クレア地方の農夫の演奏家たちの双方から、
コンサーティーナの伝統 的な奏法を学ぶ。
また、マイケル・ルーニー、 モーラ・ニ・カハスィ、
バーバラ・ドイルにアイリッシュ・ハープを師事する。
夫の功とともに、アイルランド にて2枚のアルバムを制作し、
現地の新聞、テレ ビ、ラジオ、雑誌などで取り上げられる。

 

黒澤多佳子 (くろさわたかこ)
植物に命を与えるような繊細な画風には、
心惹かれる方も数多い。
ホリスティック空間ぐらっぽろでは、看板、パソフレット等、
随所に彼女の作品を目にすることができます。